X-Ray Component Counter
X-Ray Component Counter
X-Ray Component Counter

知能SMTリールカウンター・X線部材カウンター・X線リールカウンター

Neo Counter X800

Neo Counter X800

Neo Counter X800、オンラインSMTリールカウンター、自動化部材計数で作業効率を向上します。 Neo Counter X800は、以下のようなお手伝いができます:

  • ロット的に部材処理
  • 自動化数取り
  • 自動化部材選別
  • ラベル印刷
  • ラベル貼り付け
  • AGVと連結

シンプルな数取り作業を超える

Neo Counter X800はオンラインX線SMTカウンターです。 AGVと連携すると部材を積み上げ・積み下ろし ことができます。各リールに載る部材の数量 をデータベースに保存することや貴社のITシステムMES/ERP等に保存することができます。同時に、ラベルには部材の数量を載せます。 ラベルを印刷したと対応するリールに自動に貼り付けます。

部材タイプ

Neo Counter, Xray SMT Reel Counterは、最新のAIカウント技術により、異なるパッケージの多くのコンポーネントに対応することができます。 01005のような小さな部品から、PLCC、SOT、QFP、SOT、コネクタ、異形品などの大きな部品、チューブやMBB(モイスチャーバリアバッグ)などの特殊パッケージに入っている部品もカウントすることができます。

インラインX線部品カウンター

インラインX線部品計数装置Neo Counterは、無人搬送車(AGV)や台車による手積み作業で材料を受け取ることができます。 材料はロボットアームでピックアップされ、カウンターに送られてカウントされます。 計数処理後、ソフトウェアが結果を記録し、正しい数量のラベルを自動的に印刷します。 このラベルは、リールの表面に貼り付けられます。 その後、リスト運搬ユニットで積み重ね、AGVやトロリーで荷降ろしする。 このプロセスにより、正確な計数、効率的なラベリング、合理的なマテリアルハンドリングを実現し、電子部品の在庫管理に便利な方法となります。

一括部材処理

一括処理の利点としては、コスト削減(例えば、頻繁な材料補充の必要性の削減)、在庫管理の改善、特定の注文や顧客向けに材料をカスタマイズまたはバッチ処理する能力などがあります。 また、必要に応じて使用または出荷できる大量の材料を保管できるため、場合によっては連続的なマテリアルハンドリングよりも効率的であることもあります。

ラベル貼り付け

Label with component quantity info.作業者はリールを数取り機から下したと 、 部材数量が載るラベルを直に印刷します。 Users can also build their label template, size, field information that could be added and modified at any time. 貴社はテンプレートでラベルを自社のニーズにより、サイズや表示情報を自由にデザインすることができます。 1D/2Dコードに載る情報もNeoXでサポートされています。

部材選別

Neo Counter X800は部材を選別することもできます。 倉庫、生産ラインから電子部品は、異なる製造順序、ジョブ、SMTライン:異なる宛先を持っています。 ビジョンシステムの助けを借りて、材料コードを識別し、さらなる操作のために特定のエリアに流用することができます。 部材選別作業は数取り作業前とも作業後とも行うことができます。

AGVと連結

AGV: 無人搬送車 AGV無人搬送車はSMT業者のため、SMTリール・PCB・通い箱の無人化運送作業を実現します。 Neo Counter X800は積み上げや積み下ろしポートでAGV無人搬送車と連携することができます。 AGV無人搬送車はロット的な部材をSMTリール数取り機まで運搬することができます。

Agv With Material Stacker

NeoX: AI搭載

NeoXはNeotelX線SMTリール数取りソフトウェア、人工知能アルゴリズムで数取り作業の効率を向上します。 数秒以内に貴社は部材数量を取得しながら、自動的に特定のリール/部材にリンクされます。 このアルゴリズムは、従来のSMD部品だけでなく、(リール式でない)ルース部品や異形部品にも適用可能です。

追跡可能性

追跡は、電子製造において重要になりつつあります。 Neo CounterやNeo Light・SMD BOXに保管される電子部材を管理することができます。 SMFソフトウェアの追跡モジュールと共に、精細化部材管理を実現します。 リールIDや数取り図をデータベースに保存すると今後の検証も可能です。 追跡モジュールは、IPC-1782(電子製品の製造およびサプライチェーントレーサビリティ規格)に準拠しています。

SMFソフトウェア

Neo CounterはSMFソフトウェアによってサポートされています。SMF: Smart Material Flowは、電子部材処理を自動化に制御するように Neotel Technology 開発したのソフトウェアです。 貴社のニーズを満たすように、部材受入・自動化入出庫システム・ AGV 連携・部材数取り・部材配布すること等ができます。

Neotel Smf Software

システム連携

NeoXソフトウェアでX線数取り機と貴社の既存のITシステムERP/SCM/MES/WMSとシームレスに連携することができます。 システム連携で貴社はリアルタイム部材状態や部材コード ・部材数量等を取得することができます。 適切なコンポーネント、適切な場所、適切なタイミングが可能になりつつあります!

インラインX線カウンターのメリット

インラインX線カウンターは、手作業による計数方法と比較して、精度、スピード、自動化など、いくつかの利点があります。 一般的には、電子部品の組み立て時に正しい数の部品を使用するための在庫管理プロセスの一部として使用される。

集計対象部品

  1. 抵抗器:回路内の電気の流れを制限する部品です。
  2. コンデンサー:電荷を蓄える部品で、電気の流れの変動を平準化するために使用される。
  3. インダクタ:磁界の形でエネルギーを蓄積し、信号をフィルタリングして、回路内の電気の流れを制御する部品です。
  4. ダイオード:電気を一方向にしか流さない部品で、回路を保護したり、AC(交流)をDC(直流)に変換するために使用されます。
  5. トランジスター :信号を増幅し、回路内の電気の流れを制御する部品です。
  6. IC(Integrated Circuit):情報の処理、伝送などさまざまな機能を持つ小型の電子回路。